2008年03月30日

大河ドラマ 篤姫

■ストーリー

『篤姫』2008年1月6日スタート
NHK大河ドラマ47作目


個人個人が責任ある行動をとることの重要さは、今も昔も
変わりはありません。そして、それがまた難しいことであるのは、
今も昔も同じです。まして、時代が激動期であれば、さらに
難しいこととなります。

篤姫、後の天璋院は、幕末にあって、まさに責任ある行動を
とった人物です。江戸城の総攻撃が噂されたころ、討幕軍の
中心であり、篤姫の故郷でもある薩摩藩からの使者が、篤姫を
引き取ろうと江戸城に現れます。 それをにべもなく断った篤姫は、
最後の最後まで、大奥に動揺を引き起こさないよう束ね、江戸城
明け渡しに際しては、大奥1200人が無事に去るのを見届けました。
自分の立場、責任を自覚した篤姫の行動が、江戸無血開城に
大きな役割を果たしたのです。

篤姫は、その波乱の人生で多くの得がたい人々と出会いながら、
節目節目では勇気をもって自分自身で決断し、責任ある行動を
とっていきます。そんな篤姫の人生をたどることで、幕府の中枢に
いた女性の視点から見た初めての幕末大河ドラマとなります。


■キャスト

於一→篤姫→天璋院:永井穂花→岩本千波→宮アあおい
島津忠剛(今和泉安芸):長塚京三
お幸:樋口可南子
島津忠敬:坂井和久→岡田義徳
島津斉彬:高橋英樹
島津忠教→島津久光:山口祐一郎
島津斉興(大隈守):長門裕之
肝付尚五郎→小松帯刀:瑛太
肝付兼善:榎木孝明
西郷吉之助→西郷隆盛:小澤征悦
大久保正助→大久保利通:原田泰造
徳川家祥→徳川家定:堺雅人
徳川家慶:斉木しげる



■無料動画

Daum版

第1話 天命の子
1−1  1−2  1−3

1−1  1−2  1−3

第2話 桜島の誓い
2−1  2−2

第3話 薩摩分裂
3−1  3−2

第4話 名君怒る
4−1  4−2

第5話 日本一の男
5−1  5−2

第6話 女の道
6−1  6−2  6−3  6−4

第7話 父の涙
7−1  7−2

第8話 お姫様教育
8−1  8−2

第9話 篤姫誕生
9−1  9−2

第10話 御台所への決心
10−1  10−2

第11話 七夕の再会
11−1  11−2  11−3

第12話 さらば桜島
12−1  12−2

第13話 江戸の母君
13−1  13−2

第14話 父の願
14−1  14−2
posted by チューブ1号 at 11:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 「あ」からはじまるドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
次回の更新楽しみにしてます
Posted by 出会い at 2009年10月31日 19:27
初めて読ませていただきました。非常に興味深かったです。また来ます。
Posted by 加藤 at 2010年03月16日 14:29
初めまして
これからも拝見させて頂きますね。
楽しみにしています。
Posted by スタービーチ at 2010年03月20日 17:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/85545685

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。