2007年10月27日

ケイゾク 第1回〜第9回



ケイゾク DVDコンプリートBOX〈8枚組〉


『ケイゾク』は、TBS系列で1999年1月8日から1999年3月19日まで、金曜ドラマ枠(毎週金曜日22時??22時54分)で放送された日本のテレビドラマ(全11話・特別編1話)。

■概要

「ケイゾク」はTBS系のドラマで、1999年に放送されていました。題名でもある「ケイゾク」とは、警察の内部で使う専門用語で、解決できずに迷宮入りしてしまった事件のことをいいます。

主人公の柴田純は、東大卒という学歴があり、非常にすぐれた頭脳を持つエリート女性なのですが、事件以外のこととなると、全くダメという設定です。はっきり言って服装、髪型など、どれをとってもダサい。
この女性が配属された捜査一課二係という部署が「ケイゾク」を扱っており、他の個性豊かな刑事たちと事件の解明にあたります。
その中の1人、元公安部所属の刑事である真山は、刑事としての腕はあるのですが、ある事件に関与しており、無愛想で謎めいた男です。この2人を中心に個性的な面々が揃っている捜査一課二係が迷宮入りした事件を次々と解決していくという物語です。
毎回、事件と関わる設定で、多彩なゲストが登場し、ドラマを盛り上げてくれます。

■キャスト

柴田純(24) ‐ 中谷美紀
真山徹(32) ‐ 渡部篤郎
野々村光太郎(59) ‐ 竜雷太
近藤昭男(39) ‐ 徳井優
谷口剛(40) ‐ 長江英和
木戸彩(22) ‐ 鈴木紗理奈
壺坂邦夫(60) ‐ 泉谷しげる
林田誠一(40) ‐ 矢島健一
長尾昇(46) ‐ 有福正志
乙女仁(42) ‐ 野口五郎


第1話 死者からの電話

【ニコニコ】[1-3][2-3][3-3

【パンドラ】[1-1



第2話 氷の死刑台


【ニコニコ】[1-2][2-2

【パンドラ】[1-1



第3話 盗聴された殺人

【ニコニコ】[1-2][2-2


【パンドラ】[1-1



第4話 泊まると必ず死ぬ部屋

【ニコニコ】[1-2][2-2

【パンドラ】[1-1




第5話 未来が見える男

【ニコニコ】[1-2][2-2

【パンドラ】[1-1



第6話 史上最悪の爆弾魔

【ニコニコ】[1-2][2-2


【パンドラ】[1-1



第7話 死を呼ぶ呪いの油絵

【ニコニコ】[1-2][2-2

【パンドラ】[1-1




第8話 さらば!愛しき殺人鬼

【ニコニコ】[1-2][2-2

【パンドラ】[1-1



第9話 過去は未来に復讐する

【ニコニコ】[1-2][2-2


【パンドラ】[1-1



第10話 二つの眼球

【ニコニコ】[1-2][2-2

【パンドラ】[1-1




第11話 死の味のキス(終)

【ニコニコ】[1-2][2-2

【パンドラ】[1-1


ラベル:ケイゾク
posted by チューブ1号 at 12:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 「け」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。