2007年10月27日

ケイゾク 特別篇

■ストーリー

1999年にTBS系で、連続ドラマ「ケイゾク」のスペシャル版としてクリスマスイヴに「ファントム??死を契約する呪いの樹」という題名で放送されたものです。

銃弾を受け、一命をとりとめた柴田純は、8ヶ月の長い眠りから目覚めますが、記憶を失っていたのです。そんな中、真山は、渋谷の雑踏の中で、朝倉という男から「ゲームを再開します」というメッセージをうけとります。
退院した柴田は、八王子西署の署長に就任し、痴漢にあった女子高生・高成美咲と知り合い、「呪いの木」のことを聞かされます。
そしてその「呪いの木」に興味をもった柴田は、複雑怪奇な事件に巻き込まれていき、「呪いの木」の謎を解き明かすうちに朝倉のメッセージ通り、ゲームが始まるのでした。
実は、「呪い木」の実行犯は、朝倉にコントロールされていたことが判明するのですが、その後で意外な展開が待ち受けていたのでした。


【ニコニコ】[1-4][2-4][3-4][4-4

【Daum】[1-2][2-2


【パンドラ】[1-2][2-2
posted by チューブ1号 at 12:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 「け」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。