2007年10月24日

きらきらひかる 第1回〜第10回



女性監察医が仕事を通して、”生”の大切さを学びながら成長していく姿を描くヒット・ドラマ&...


■ストーリー

1998年にフジテレビで放送されたドラマで、1995年から雑誌連載された郷田マモラの漫画をドラマ化したものです。

医者を目指す天野ひかるは、医学部の卒業パーティーで、爆発事故に遭い、現場に遺体の検死に訪れた杉裕里子の姿に感銘をうけ、自分も監察医になります。
着任早々、身元不明の死体を担当させられ、部長監察医の田所新作ら仲間に助けられながら、検死をすることになります。そこに女刑事・月山紀子が加わり、監察医たちと衝突しながら、事件を複雑にしていきます。
新人監察医・ひかるを通して遺体が語る真実を導きだし、命のありかたを考えさせるドラマとなっています。
その反面、仕事以外では、ひかるや裕里子ら女性陣が食事をしながらプライベートを語りあうシーンが毎回出てきて、重くなりがちな内容を明るくしてくれています。


■キャスト

天野ひかる・・・深津絵里
杉裕里子・・・鈴木京香
月山紀子・・・松雪泰子
黒川栄子・・・小林聡美
喜多村隆三・・・石丸謙二郎
綾小路真・・・林泰文
森田和也・・・野村祐人
杉冴子・・・篠原涼子
田所新作・・・柳葉敏郎
酒田利明・・・東幹久(第1話)
高橋克実(第1話)
葛山信吾(第1話)
未亡人・・・立河宜子(第1話)


1. オシャレも恋も死体解剖する!女たち

【パンドラ】[1-1



2. 他殺?事故?死体は語る

【パンドラ】[1-1



3. 猫と溺死体の関係?

【パンドラ】[1-1




4. 美人監察医がレイプ事件の真実に迫る

【パンドラ】[1-1



5. ひかるが殺される

【パンドラ】[1-1



6. 死んだ恋人からの手紙

【パンドラ】[1-1




7. 正当防衛?疑惑の不倫妻

【パンドラ】[1-1



8. 死体は妹に奪われた恋人

【パンドラ】[1-1



9. 月山紀子が撃たれ、歯は最後の言葉を

【パンドラ】[1-1




10. 女刑事が出血死?東ヨーロッパから神戸へ母と娘の愛憎の真実

【パンドラ】[1-1
posted by チューブ1号 at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 「き」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。